iPhoneのある日々

2010年11月02日

iPhoneの電池を長持ちさせる10の方法

私はiPhone 3GSを使っていますが、最近電池の減りが妙に早いなぁと思っていました。
朝100%に充電して、昼には60%、夕方には電池切れといった感じで1日持たないのが当たり前でした。

iPhone 3GSはAppleのサイトで見ると、3Gで最大5時間の通話、300時間の連続待受、3Gでのインターネット利用は5時間、オーディオ再生は30時間できると記載されています。

それになるべく近づけるべく、日々の設定を変えたら、倍とは言わないまでも1日は電池が持つようになりました。

1. WiFi を オフ にする
2. 位置情報サービスを オフ にする
3. プッシュサービスを オフ にする
4. Bluetooth を オフ にする
5. バックライトの明るさを調節する
6. イコライザを オフ にする
7.通知を オフ にする
8.Spotlight 検索の チェックをすべて外す
9. フェッチを 手動 にする
10.自動ロックの設定を 1分 にする

WiFiや位置情報は使いたい時だけオンにすればいいので、今はこの設定にしてあります。
プッシュや通知は便利ですが、電池を食うので私は切ってしまいました。


タグ:電池 iPhone
posted by akiueo at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。